エージェントH スタッフ・さんご

みなさん、こんにちは。
最近寒くて釣りに行けていないさんごです。

今回のブログは、イニシャル「H」に関係する
お話をしたいと思います!

釣りか映画の話がほとんどな私のブログですが、
メン・イン・ブラック インターナショナル見ましたー?

映画館ではなくDVDを借りて観たのですが、
メン・イン・ブラックは、
トミー・リー・ジョーンズとウィル・スミスのほうが
個人的には好きかなと思いました。

マイティ・ソーのイメージが強すぎる
クリス・ヘムズワースの役が
エージェント「H」で、役名がなんとヘンリー!

お!ヘンリーや!!と思い、
次の日当館でアルバイトしているヘンリーに
映画の俳優(クリス・ヘムズワース)の役名が
ヘンリーだったことを伝えました。

すると

クリス・ヘムズワースはオーストラリア人だよ!と
教えてくれてくれました(^o^)丿

そんな今回は、イニシャル「H」に関することで

重大発表があります!!

なんとヘンリーが12月中旬でオーストラリアに帰国します!
ビザの関係で帰ってしまうんです(;_;)
12月はほとんど出勤できないので、
ヘンリーに会えるのは、あと4・5回しかないです!

出勤日は火曜日・金曜日です!お急ぎを(*´▽`*)

たまには海を出て スタッフ?メンダコ

みなさんこんにちは。メンダコです。

ひながネタ切れおこしたそうなので、今週は代わりとしてボクがブログを書いてます。スタッフではないけどね。

でもボク自体もネタってほどの事がなくて・・・

とりあえずストアをのぞいてみようかな。

じーーー

うん。とりあえず入ろう。

カワウソくじ相変わらず人気だなぁ。

あ、あれ売り切れてるじゃん。

ん?見たことない生物のぬいぐるみがある。

色々変わったなぁ・・・・ん?

あれは!!!!アカメタオル!!!!

復活してる!

アカメ好きの皆様お待たせしました!

当館オリジナル商品 『アカメのハンドタオル』と『アカメのフェイスタオル』が再入荷致しました。

ここでしか買えないアカメタオル!是非お買い求めくださいませ!

来週までにはネタができてるといいなぁ。

土佐の妖怪スポット解説板、完成!  スタッフM

これまで何度か紹介してきた「土佐の妖怪スポット」。人気スポットだとは思いますが、スタッフの間では何となく冷ややかで、あちらこちらに出没していた、しばてんを始めとした妖怪たちが場所を追われ、何とかたどりついたスポットです。それでも写真を撮ってくれるお客様もあり、その光景を見るとホッとしているところです。
妖怪たちを説明する解説板が個々についているのですが、見にくく、字も消えていたり、割れたりしたものもあり、新しく作り直す必要がありました。そこで遅ればせながら解説板を1つにまとめ、それを見て妖怪たちを見つけてもらうようにしました。これにより、興味を持ってくれた人たちが少しでもこのスポットに長くいてくれるのではないかと期待しています。

キラキラ求めるtomorrow :スタッフまるのん

最近、英会話教室に通い始めました、まるのんです。

世界共通語ですもんね☆

 

先週に続いて「アメリカから帰ってきて」の感想を書いていきます。

実はIMATA会議だけじゃなくてドルフィンリサーチセンター(DRC)という施設で研修もしてきました。たった2日でしたがかなり充実した内容でした。

DRCではイルカとの関係づくりについて勉強してきました。DRCのイルカたちはどの子もいきいきしていて自己表現力がものすごく長けていました。特に楽しい時は鳴いて喜んだりジャンプして喜んだりと素人でも「イルカが喜んでる!」とわかるくらいです。

なぜそんなにイルカがいきいきしているのか。それはDRCで取り組んでいる人とイルカの遊びの時間を大切にしていることだと思います。DRCの新人はまずイルカを楽しませることを本気で考えてアプローチすることから始まるそうです。道具を使ったり声をかけたりお魚をあげたりいろんなことをして遊ぶのです。僕も実際にさせていただいたのですがこれがものすごく難しい!!!自分が楽しいだろうと思ったことが全然興味を持ってくれなかったり、あれ!こんな事が楽しいの??という発見があったり。本当に小さな子どもと遊んでいるような感覚になりました。

桂浜水族館でもこれは取り入れようとしています。動物たちが楽しんでくれるようにポジティブな関係が築けるように!!

ごきげんよう!

第190話できました スタッフ・ひな

皆様こんにちは。未だに「豪華客船」と言えない私です。

さて今回は入口水槽の話です。

チケット売り場横にある大きな入口水槽。

タイや、エビ、ヤドカリ、イシガキダイやグレ。色んな魚が季節や時期によって代わります。

そんな中先月から可愛い2匹の魚が入りました。

 

タイトル『入口の新入り 大きくなったら館内に?』

水槽レイアウトの岩に絡みついてる姿や

館内で過ごしている大きなウツボ達とはまた違い、幼げな顔

めいっぱいに開けてる口から見える少し小振りな歯

パッチリとした真ん丸目 たまらなく可愛いです!

今日も2匹のウツボ達は入口水槽でゆったり過ごしております。

入館される方もそうでない方も入口水槽を覗いてみてくださいね!

今年最後のW.W.USA  スタッフM

秋晴れの下、朝の通勤時によく立ち寄る宇佐のしおかぜ公園で一休み。ここはホエールウォッチングの拠点となっています。今朝はかなり肌寒く、乗船する人たちも冬の装いです。今日は11月4日、3連休最後の日で、この日をもって今年のホエールウォッチングは終了とのことです。すでに2隻の船がスタンバイしています。先日まで、夏のイベントなどのためきれいに刈られていた芝生も草が生い茂り、白い花のヒメジョオンや黄色のセイタカアワダチソウが可憐な姿を見せています。
神戸から来る常連の人が何やら妙なものをかぶっています。この姿でマラソン大会に参加して走ったとのこと。
出航を見送ることはできませんでしたが、陽が昇るにつれ、気温も上昇し、格好のウォッチング日和になりそうです。

わくわく叶えるストーリー :スタッフまるのん

お寿司にかけるの甘ダレ。どうもまるのんです。

11月になりましたね! 金木犀の香りがたまりませんな(*´ω`*)

寒さもどんどん厳しくなってきますので体調管理には気をつけてください。(実は一昨日から風邪引いていました)

 

よーし! 今回のブログネタはアメリカ研修での感想です!

一言で言うなら・・・「圧巻」!圧倒的圧巻!! ざわざわ

そんなことまでできるのー!? とか 何その考えー!? とかめちゃくちゃ刺激を受けました。(圧倒的激弱語彙力・・・ッ!!)

少しどんな内容だったのか紹介しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わかりやすく、ハマスイメンバーで紹介しますね。

ケイタくんにまるのん、ヤブ、はだちゃん、タク、さめ、ひなのそれぞれの息の匂いを覚えてもらいます。

それぞれの息の匂いに動作を関連付けます。例えば、まるのんの息の匂いを嗅げば「バイバイ」ヤブの息の場合は「逆立ち」はだちゃんの場合は「敬礼」タクは「伏せ」・・・・という感じ。

ケイタくんに目隠しをします。

目隠しされている状態でまるのんが息を吹きかけます。

するとケイタくんは「バイバイ」をする。

ケイタくんは息の匂いだけで誰かを当てることができるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すごくないですか!? こんなことまでやっているんです。海外は。

これはちょっと日本(桂浜水族館)も負けてられないですね。

あと!・・・いや、これは来週のブログに書こう!

なんか変わるで桂浜水族館! 来週もお楽しみに!

ごきげんよう!!

 

アカメ奮闘記⑦ スタッフ・さんご

みなさん、こんにちは。
Green Day 日本公演の抽選漏れしたさんごです!

今回のブログは、前回の続きをお話したいと思います🎣

チヌの泳がせ釣りで掛かった魚は、
フッキングをすると大きなエラ洗いをおこない、
アカメじゃない感…( ゚Д゚)/

大学時代の友人と釣りをしていたので
友人にタモをお願いして釣り上げると
60㎝オーバーのスズキでした🐟

前回ほどのとてつもない引きではなかったですが、
十分楽しめました✨

口の中を確認してみると
チヌの尻尾がギリ見えるぐらい丸呑みにされており
針を外すのが困難なためその場で血抜きをおこない、
家に持って帰ることにしました🚙

オキアミ→チヌ→スズキ→私と食物連鎖をひしひしと感じながら、
次の日塩焼きにして美味しくいただきました!(^^)!

第189話できました スタッフ・ひな

皆様こんにちは。ホラー漫画を相も変わらず見てしまいますます不眠気味な私です。

メンダコ「怖いけどストーリーが気になるらしいから未だに見てるんだよね」

さて今回は自画像の話です。

 

私はイラストで自画像を描く際、時々なのですがスイゾク達のパーツを一緒に描く時があり、

例えば今現在だと片目をナマズの目で描いています。

他にも頭にヤマトメリベの口を描いたり、背中に触手を生やしたり、

両目をエイの目にしたり、ウツボのような歯にしたりと・・・

軽くファンタジーな自画像になっています。

そんなある日、いつものファンタジーでなく、リアルに私はスタッフからある魚に似ているといわれました。

その魚とは・・・

 

タイトル『え?魚の名の目って?』

私の目は『しんだサバのような目』をしているとの事。

サバの目を調べてみたところ・・・なにこれいいじゃないですか!

というわけで自画像イラストにサバの目を新たに追加しました。

昭和のレトロ展  スタッフM

10月25日(金)、朝、病院に行き診察を受け、薬をもらうと気持ちの良い好天だったので越知町まで車を走らせ、横倉山自然の森博物館へ企画展を見に行きました。「昭和のレトロ展」と銘打ったものですが、南国市岡豊の歴史民俗資料館でもつい先日まで開催されていました。懐かしい家財道具や玩具、ポスターなど、私が育った昭和の時代の出来事などに想いを馳せることができます。
家にはテレビも洗濯機も冷蔵庫もなく、夏はスイカなどを風呂敷に包んで井戸に吊るして冷やしました。親戚が集まった時にそれを切って食べることは大変なごちそうでした。
私は1人で行っていたのですが、何人かで来られていた方たちが懐かしそうに語らい合う光景を見て、展示の前に話の輪ができるということはすばらしいことだとしみじみ思いました。
水族館の展示にもとり入れたい課題です。
けんど、あしゃーもう先ないわ…がく〜 (落胆した顔)