“湾岸道路‥‥?”見どころ「改良土佐節発祥之浦碑」  スタッフM

ホエールウォッチング基地のある宇佐しおかぜ公園より約500m東に立派な石碑群があります。

車で前を通り過ぎるだけでしたが、前に車を停めることができる広いスペースがあるので、下車して見てみました。

要するに亀蔵さんという人が鰹節製造の技術を収得し、それを工夫を加えて改良し、カビ付けという製法によりカチンカチンに堅く、削ると風味のある土佐節を作り上げ、全国に知られるようになったということです。学生の頃、水産利用学で習ったことがありました。不勉強‥‥もうやだ〜 (悲しい顔)

 

さて、先日、鰹節削り器なるものを手に入れたのですが、かんじんの鰹節がありません。おそらく乾物の専門店へ行かなければならないでしょう。子どもの頃は鰹節は削る物で、今のようなパック詰めの削り節はありませんでした。削って削って小指ほど小さくなったものをもらってペロペロなめたりしたものです。

今はパック詰めでも一応「本枯れ節」とか「かつおかれぶし削りぶし」と表記された物を買うよう
にしていますが「かつお削りぶし」でも変わりませんね考えてる顔

今までありがとう(スタッフ・よーすけ)

こんにちは!
ブログを書くのは何億年ぶりでしょう???
、、、、と思うぐらい久しぶりのスタッフよーすけです手 (チョキ)

さてさて今回は

タイトルを見て察する方、ざわざわする方、ドキドキする方いるんじゃないでしょうか、、、、

 

 

 

私、柘植陽介は2月20日を持ちまして桂浜水族館を卒業する事となりました。
このブログを読んでいる皆さんには急な報告になってしまいましたね、、
自分が桂浜水族館で働いて3年と4ヶ月、いろいろな事がありこのブログでは書ききれません

 

特にSNS上では土下座ツイートでバズり、多くの方々に「一緒に写真を撮ってください!」
と声をかけられることが増え、そうしていくうちに遠方から自分に会いに来てくれる方々もいました。ありがとうございました。
公式ツイッターでは自分の何気ない写真が投稿されると嬉しいコメントもたくさんいただきました。
(ココだけの話、自分の写真が出てる時にどんなコメントがあるか秘かに毎回チェックしてました笑)

 

カッコイイ、可愛い、最近ではぴかぴか (新しい)王子ぴかぴか (新しい)なんて呼ばれていることもありましたね
まぁおそらくコツメカワウソの王子君と一緒に写真を撮った時からでしょう
カワウソ界の王子と人間界の王子をかけて、、、、かな?

そんなこんなでいろんな経験をさせていただき、自分自身も成長できたと感じています

 

 

『さよなら』とは言いませんよ?

 

 

桂浜水族館スタッフ、動物たち、ファンになって下さった方々

 

ありがとうございましたるんるん (音符)

 

 

んじゃっ!
またどこかで!

疾走する本能   スタッフやぶ

こんにちは スタッフやぶです。クラブ

カピバラは時速50kmで走る‥‥らしいぜ。

 

 

ということで、生き物の話はここまで!
ここからは龍馬マラソンの話です!

 

2月17日、スタッフやぶは龍馬マラソンに参加してきました!
長距離走の大会も今までに何回か出ましたが、フルマラソンは初挑戦!
なのでとても緊張しました。

水族館をアピールしようと目立つようにおとどちゃんのピンクのTシャツで臨んだのですが、
今年の龍馬マラソンのTシャツのカラーがピンクだったので、全然目立ちませんでした。

もうピンクのランナーだらけでした!

 

9:00 いざスタート!

最初からとばすと後半しんどくなるのが目に見えてるので、軽いペースからスタート。
のつもりだったのですが、走り出すと、つい調子に乗って、スピードだしてしまいます。

楽しんで走っていたのですが、22㎞地点(ちょうど桂浜の地点)で一度心が折れそうになりました。これでまだ半分!?と心の中で叫んでしまいました。
ここからがしんどかったです。この疲労した体で、もう半分の距離を走るのか。初めのテンションもないのに‥
太平洋を眺める花街道のコースがとにかく長い 長いんです!いつ折り返しになるの!?と思いながら、走ってました。
やはり30km台が一番大変でした。

後半はなかなか辛かったのですが、沿道の方からの応援やハイタッチ、ツイッターでいつも応援して下さる皆さんを思い出しながら頑張って進みました。

途中歩いてしまったところもあるのですが、それでも前に進むことだけはやめず、そしてついに5時間4分26秒でゴールし、無事完走することができました!!

 

 

僕はマラソンは孤独なスポーツだと思っていました。
自分のためだけに自分の力で自分に勝つ。そういうものだと思っていました。

でも、龍馬マラソンに参加して、実際にはそんな孤独はなく、周りの方の応援を力に変え、それぞれの自分の目標に向かっていくとても素晴らしいスポーツだということに気付きました。

マラソンとは人生そのものですね!!!

 

今回自分が走り切れたのも皆さんの応援があったからこそだと思います。
沿道の方の応援もとても暖かく、応援の方、ボランティアの方、給水場の方、ランナー、全ての人に感謝の気持ちでいっぱいです。

応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!
来年はトレーニングをもっと積んで、5時間、いや4時間切りを目指します!

安全を知らせる青信号で世界が満たされた時、交差点は危険で溢れた場所となる スタッフ:まるのん

おはよぉーーーございます。

携帯電話はiPhone7を持っています、まるのんです。

 

みなさん! おまたせしました!!!

アシカのエルちゃんがアシカショープールへの移動が完了しました!!!

8888888888888888888888888888888888888888888888888888

 

いやぁー、しんどかった!! ここ2週間移動の練習をず~~~っとやっておりまして、ようやく移動完了です!

 

 

??何がそんなに大変なの??

??ただの移動でしょ??

おっしゃる通り。ただの移動なんですが、その「ただの移動」が超絶難しいんです。

エルちゃんがいた通称「フライングプール」からアシカショープールまでの距離はおおよそ21m。その21mの間には様々な壁が存在します。

1 カピバラの存在(たまに鳴く)

 

2 不慣れなレンガタイルの地面

 

3 ペンギン団地の住民たち(めっちゃ鳴くし、追いかけてくる)

 

4 階段

 

5 野鳥(不意にやってくる。どうしようもない)

 

6 風に乗って落ちてくる松ぼっくり(勘弁してください)

 

伝わるかなー。この苦難の移動トレーニング。

ホント数センチずつ数センチずつ前に進んで21mの距離を移動することができたんです(泣)

移動が済んだ今は、アシカショーデビューが3月に控えていますのでそれに備えてアシカプールで練習中です。現在のアシカショーはリサばあちゃんが頑張ってくれています。

※ショー中、エルは隅っこで練習していますw

 

 

 

あれ?ケイタくんは???

いいとこに気が付きましたね。ケイタくんは一時引退して、隣のプールでココちゃんと一緒に生活しています。ケイタくんとココちゃんのお話も今度しますね。

 

では、移動完了したエルちゃんの写真で今回はお別れです!

 

ごきげんよう\(^o^)/

オーストラリアと日本の違い スタッフ・さんご

みなさん、こんにちは。
最近、花粉の散布が気になりがちのさんごです。

前回お話したヘンリーとの会話のなかで
オーストラリアと日本の違いについてへぇー♪と思ったことを
今回はあげたいと思います。

※英語で会話した際の情報ですので、私のヒアリングのなさからくる勘違いもあり、
事実と異なる点があるかもしれませんが暖かい目で読んでいただければ幸いです✨

それでは1つめ
ヘンリーの出身地メルボルンでは、なんと年に一度競馬のための祝日があります!
メルボルンカップといって1861年からおこなわれている由緒正しい競馬です🏇
日本の競馬場のようにジャージ姿で缶ビールやおでんを片手に競馬を観戦する人はいなく、男性はスーツ・女性はドレスアップの服装で社交の場として競馬を楽しむそうです。

2つめ
タクシーに乗る際は、後部座席でなく助手席へ!
日本のタクシーだと後部座席へ乗るのが普通ですが、
オーストラリアでは男性一人の場合、助手席に乗るみたいです🚖
英語が話せないと気まずい雰囲気になりそうで少し抵抗ありますね^^;

3つめ
オーストラリアではクリケットというスポーツが人気!
日本ではあまり聞きなれないスポーツで、私も初耳でしたがオーストラリアでは
メジャーなスポーツみたいです。野球に似たスポーツらしいです⚾
前回のブログでテニスの話をしましたが、クリケットの方がテニスよりも
人気があるみたいです⚾>🎾

自分の知らないことを知ると新しい発見があり楽しいので、
今後もヘンリーからオーストラリアのことを教えてもらい、
へぇーと思うことがあれば、またお話しようと思います♪

第173話できました スタッフ・ひな

皆様こんにちは。バレンタインデー用にお菓子を作ったのに、

チョコを一切使わなかった私です。

 

さて今回は、片想いのお話です。

 

想いを伝えたいのに、伝わらない。

相手が自覚なし、興味がない。

でも伝えたいなぁ。

 

・・・私何書いてるのでしょう。なんか恥ずかしくなってきました!!!

タイトル『バレンタインデ~💛 あの人に・・・』

 

 

 

・・・私の想いは、

魚達には伝わりませんねw

以上、虚しい私の片想いの話でした。

“湾岸道路……?”見どころ「青い掘っ建て小屋」  スタッフM

私は土佐市高岡町から宇佐に出て海岸沿いを通って車で約40分のところを通勤しています。以前、途中のホエールウォッチングの基地であるUSA(宇佐)しおかぜ公園と高台にあって眺めの良い新居緑地公園を紹介したことがありますが、ほかにもいろいろおもしろそうな所があります。これらを1つずつ紹介したいと思います。

今回は毎年冬になると出現するブルーシートで覆われた小さな小屋の一群です。年末から今頃までにかけて仁淀川の河口にはブルーシートのテントのようなものが所狭しと作られます。

これはシラスウナギ漁の道具などを入れる物置きのようなものです。夜になると網を持った人たちがやって来て、海に照明を当て光に寄って来るシラスウナギを掬い採るのです。

今シーズンの小屋は例年よりも整然と並んでいるように思えます。かつて、これをホームレスの小屋のようだと非難した人がいましたが、私などはまさに真冬の風物詩だと感じ入っています。

深淵を覗く時、深淵もまたこちらを覗いているのだ。 スタッフ:まるのん

やぁやぁみなさんこんにちは。

スキーもスノボーも両方できる器用で運動神経が良い、まるのんです。

先週はたくさんのブログコメントありがとうございました☆

今週も先週に続いて「手作り」をネタに書いていきます。桂浜水族館には手作りのPOPがたくさんあるというのは先週お話しましたが、それだけじゃなくおもちゃやショー道具なんかも手作りなんです。

「なんでそこまで手作りするの??」って思われている方のために一応、言っておきますね☆

 

 

 

「ホームセンターやトイザらスに ”アシカ・トド専用のおもちゃ” とか

”ウルトラスピンキック専用道具” が売ってないからッ!!!」

 

ねぇ~。思わず大声で叫んじゃいました♡

 

話を戻しましょう。

えー、まぁちょっとこの写真を見てください。

薮が作りました!みたいになってるけど、私が作りました。スキーもスノボーも出来る器用で運動神経が良い、まるのんが作りました。

コレ何かわかります? まだ完成してないんですけど「くす玉」です。

誰に使うか? 知りたいですか。わかりました。せっかくブログを読んでくださってますし、皆さんには常日頃から感謝している(好感度を上げていくぅ↑)ので特別に教えちゃいます。

 

これはコツメカワウソの王子くんが使うくす玉です!

カワウソタイムをより充実させようと思い作りました!!

もうすぐ完成なので、みなさんくす玉を使っているカワウソタイムそして、くす玉の中の文字が何になるかお楽しみに!

 

じゃーの!

 

ありがとうございます!2019   スタッフやぶ

お久しぶりです! スタッフやぶです。

先日2月10日はなんとスタッフやぶ25歳の誕生日でした!
スタッフやぶからスタッフやぶⅡに進化しました。
冗談はさておき、

誕生日ということでいろんな方からたくさんお祝いのプレゼントをいただきました!
ありがとうございます!わーい (嬉しい顔)

 

仮面ライダージオウのケーキとか すごいですよね!
食べるのがもったいない!と思いましたが、結局、みんなで仲良く分けて食べました。
すごく美味しかったです!

 

あと、かっこよくアニメ化したイラストまで!
こんなにかっこよくなってて、良いの!?ウィンク

こんなにもたくさんの方から祝ってもらえるなんて自分は幸せ者だなぁとつくづく感じました。本当に感動しています。

この感謝の気持ちは仕事で返さないと!と思い、
今年は成長、挑戦の年にしていこうと思います!

まず、先日デビューしたケイタのアシカショー。
もっともっとお客様に楽しんでもらえるようMC力を磨きます!
ケイタの動きや状態ももっと観察して、素晴らしいパフォーマンスを目指します。

カワウソについては
今、キャットフードを食べさせようと奮闘中です。
栄養満点なキャットフードを食べさせたいのですが、テン、ミズホ、コウメは苦手みたいで、なかなか食べてくれません。
なので今、サバにキャットフードをねじこんで給餌し、味に慣らしています。


そんなことをして2週間が経過し、、ついにミズホがキャットフードを単体で食べてくれました!
あの瞬間は今までの苦労が報われたようで、嬉しかったですね
この調子でテンとコウメも食べられるように頑張っていきます!

あと最後にカピバラのトレーニングをはじめました!
まだまだ駆け出しですが、呼んだら来てくれたり、
お手も出来ます!
今年はカピバラもどんどん推していこうと思います。

 

自分なりに目標をたてて、日々の仕事に臨んでいきます。
しっかり働いて、桂浜水族館にいる生き物たちを健康な状態で維持したり、新たに生き物の魅力をアピールすることが、僕が出来る応援してくださる皆さんへの最大の感謝の表現です。

「最高最善」の飼育員になれるよう頑張ります!

 

 

ヘンリー スタッフ・さんご

みなさん、こんにちは。

車の買い替えを友人に相談しに行ったら
太ったねって言われたさんごです。

今回は映画の話ではなく、
昨年の7月にオーストラリアから当館へやってきた
助っ人外国人ヘンリーについてすこしお話します♪

ヘンリーはワーキング・ホリデーとして毎週火曜・金曜に
主に屋内の魚類スタッフのお手伝いをしています🐟

日本語は現在勉強中で、スタッフとは少しの日本語と優しめの英語で
コミュニケーションをとっています。

私もヘンリーと中学校レベルの英語と雰囲気で会話しており、
とってもいい刺激をもらってます✨

ヘンリーの出身は、オーストラリアのメルボルン!

オーストラリア第二の都市で、テニスの全豪オープンがあるところです。
この前、大坂なおみ選手が優勝・錦織圭選手がベスト8と好成績を残し、
先月はヘンリーとテニスの話題で持ちきりでした。

ヘンリーは過去に全豪オープンを生で見たことがあるらしく羨ましい🎾

他にも会話の中でオーストラリアと日本の違いなどを聞くことがあり、
異文化理解ができてとても面白い発見があります。

そのお話は、また次の機会にしようと思います。