『米寿と令和』。新たなスタート  スタッフ・うら

どうも、桜餅は道明寺が好きな大の甘党 うらです。

 

さて、新元号が発表されましたね!

『令和』。新鮮な響きに感じています。

そこで、僕が担当となり水族館入口に特別水槽、館内大水槽上にPOPを設置しましたぴかぴか (新しい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山のメディアの方々にも取材をして頂きました。

 

また、当館は今年で88周年 米寿を迎えました。

2014年からSNSを中心に様々な広報活動を行い、非常に沢山の方々に桂浜水族館について知っていただくことができました。

二つの意味で節目となった2019年、これからは【水族館・博物館】としての当館も知っていただきたい!

【魚類飼育から】アピールしていきたい!魚

そんな思いを表現したくて取り組みましたうれしい顔

 

現在、魚類チームではイベントや企画を初めとして様々な取り組みを行っています。

新たなスタート、どうか見守っていただけると嬉しいです。

 

 

 

ヤイロチョウの本、完成  スタッフM

高知県生態系トラスト協会から「四万十のおくやまにつたわるヤイロチョウの民話」という冊子が刊行されました。4年前に同協会からヤイロチョウの紙芝居の挿絵を依頼され、製作したものを本にしたものです。この紙芝居を元に、私が土佐弁にアレンジした「ヤイロチョウ」は2014年にいの町の紙の博物館で開催される手づくり紙芝居コンクールで最優秀賞をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回完成した冊子は土佐弁ではなく原作に多少手を加えたもので、英文付きとなっています。絵を一部作り直しています。

小さい冊子で市販はされず、同協会のイベント等で配布されるとのことです。

興味を持たれた方は協会の中村会長にお問い合わせ下さればと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事務局のお仕事 スタッフ・さんご

みなさん、こんにちは。
桜が咲き始めて4月を実感するさんごです。

今回は、ちゃんとお仕事の話をしますよー♪

事務局スタッフって何してるの?って気になる方もいるかと思いますので、
どんなことをしているか少しだけ紹介したいと思います。

事務局スタッフのお仕事は、

主に入口・マリンストア(売店)・フードストア(食堂)が
直接お客様と接する場所ですが、

その他にも、
広報、経理、データや書類の管理、会議資料作成、イベント企画・出店・
商談、電話応対、総務、設備など多岐に渡ってお仕事があります。

さらに、先週おこなった私の作業は、
入口の屋根の両サイド溝があるのですが、

そこに何十年も積み重なって堆積している松葉などを取り除く
力仕事などもあります。
(底が見えず20センチ以上堆積してたBeforeの写真がなく無念)

次回は反対側の溝を行う予定です。

水族館スタッフはいきものを扱うお仕事とばかり思われがちですが、
その他にもいろんなお仕事があるんですよー♪

第177話できました スタッフ・ひな

皆様こんにちは。鹿子さんの友人と最近友人になった私です。また今度紹介しますね。

さて今回は、感触の話です。

 

 

 

 

 

 

 

皆様はどんな感触がくせになりますか?

フワフワ?サラッ?ゴワゴワ?モチモチ?ガチガチ?

先日よりマリンストアで販売しております「カワウソスピードくじ」の

カワウソぬいぐるみもお客様から「なにこれくせになる感触!」とのお声を

たくさんいただいております!

その感触は・・・「もちふわぷに」みたいな。気になる方は即来店!即タッチ!

しかーし!!私のくせになる感触は水族館でしか味わえないものなのです

その感触とは?

 

タイトル『いつか出会いたい この感触をぬいぐるみで』

 

 

 

 

 

 

以前から紹介していたと思いますが、ナマコです!ナマコの感触がくせになります!!

「ぷにゴニツヤ」のような、いつまでも触っていられます!

う~~~ん。たまらん!

当館ではふれあい体感100%!貴方のくせになる感触に出会えるかも!?

 

 

 

“湾岸道路‥‥?”見どころ「地曳網の遺跡」 スタッフM

毎日の通勤に使っている海岸線の道路、東緒木のあたりの北側にへんなものが立っています。2本のコンクリート製の支柱で、上部は滑車がついています。

 

 

 

 

 

 

そもそも昔は道路はなく、砂浜が迫っていました。今は砂の流失が大きく、高い堤防の向かいには消波ブロックが突き出した殺風景で悲しい光景となっています。この海岸では地曳網漁が行われていました。件のコンクリートの柱は地曳網のロープを巻き上げるためのものだったと聞きました。引き上げたロープを滑車を通じてロクロと呼ばれる機械で巻き上げていくものだったとか。その柱が今も残されているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海岸線を西に走り、宇佐に入ると、白菊園病院の西隣りに横山正住の歌碑「地びき網の歌」があります。

うちつづく いわしの海に あかがねの わが肌一面に うろこ光れり

正住と‥‥ちょっと待てよ!海からかなり離れた用水路沿いに例の柱と同じものが2本‥‥?しかも滑車がついていたと思われる痕跡のスリットが横を向いているではないかNG爆弾なんじゃこりゃー、教えてくれ~がまん顔

 

古着と手話とペンギンの写真  スタッフやぶ

こんにちは! スタッフやぶです。

今回はスタッフやぶの近況を3つのポイントに分けて、お伝えします。

 

1つ、まるのん先輩から古着をもらう

まるのん先輩から着なくなった服をもらいました!
ファッションにうとく、服にあまりお金をかけない自分なので、めちゃくちゃ嬉しかったです。
実は、僕、緑色がすごく好きで、服もほとんど緑色のものしか持ってません!タンスの中の服、全部緑!

緑の服もいいですが、これからはちょっとオシャレに目覚めます。

 

 

 

 

 

かっこいいでしょ~。

 

2つ、手話の勉強を頑張っている。

スタッフやぶの特技は手話です!といってもまだまだ勉強中ですが‥。
昨年、手話奉仕員養成講座という講座に毎週通って、手話について1年間学んできました。先日さらにレベルアップした講座 手話通訳士養成講座にいくための選考試験があり、受けてきたのですが、無事合格しました!
現状に満足せず、さらに手話を極めていきます!

 

 

 

 

 

 

そして3つ、ペンギンの写真を撮る

最後は飼育員らしい話題を。ペンギンの個体の写真を撮っています。
1羽1羽 名札が見えるように、証明写真みたなものですね。
この写真が何に使われるのかはこれからのお楽しみ‥‥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はこれで以上です。
みなさんの近況とかも教えてくださいね♪

 

 

切ないハッピーエンド スタッフ・さんご

みなさん、こんにちは。
花粉の散布が少なくなってきているような気がするさんごです。

今回も好きな映画を推していきますよー🎬

今回紹介する作品は、個人的に切なすぎるハッピーエンドの代表作

「バタフライ・エフェクト」

この作品は、私が高校生のとき学校帰りにDVDを借りるのが
日課になっていた頃に出逢いました走る人
何気なく手に取ったDVDで、見始めは内容がまったく理解できず
なんだこれ?チョイスミスかと思ったのですが、とにかくラストシーンが衝撃です!

あらすじは、主人公が断片的に記憶をなくしてしまう少年であり、
大人になったある日、その途切れた記憶(過去)へ戻ることができるようになります。
過去に戻って起こった出来事を変えると現実世界も変わっているというシナリオで、ある事件をきっかけに過去へ戻ってやり直そうとするのですが、戻れば戻るほど現実世界の状況は悪化し、主人公や友人の人生が大きく変わってしまいます。

ラストシーンで主人公の最後にとった行動は・・・

是非見てみてください!

おすすめ作品です!!

ちなみにバタフライ・エフェクト3まで出ておりますが
個人的には1だけで良かったかなと思いました^^;

第176話できました スタッフ・ひな

皆様こんにちは。未だに魚達からキスを拒まれる私です。

さて今回は、いつかやってみたい事の話です。

 

 

 

 

 

私は、チョコミントが好きです!ミントも好きです!

ミンティア、ブラックミントガム、チョコミントアイス、チョコミントシュークリーム、チョコミントドリンク・・・とにかく色々好きです!

ということで(何が!?)ミント栽培をしてみたいと思います!!

調べたところミントは害虫の対策にも使われているとのこと。

といったことをふと考えていたら・・・

 

タイトル『気持ちと愛だけでは一面ミント色だ』

 

 

 

 

 

 

 

※この説明はスタッフから聞いたのですが、代理としてメンダコにしました。

ミントの繁殖力・・・半端ないそうです・・・まさにミントテロ。

しかもミントへの害虫も多いとの事・・・。今回は断念です!

でもいつか、自分のミントを作ってみたいものです!

“湾岸道路‥‥?”見どころ「ドレー機不時着の地碑」  スタッフM

桂浜から海岸線を西へ、長浜から東緒木に至る途中、戸原海岸があります。道路の北側、山裾のところに小さな石碑がひっそりと建っています。碑文を紹介します。

 

 

 

 

 

 

「ドレー機不時着の地。1937(昭和12)年、東京パリ間100時間懸賞飛行に挑戦したフランス人飛行家マルセル・ドレー氏フンソァー・ミケレッチ氏の飛行機は幾多の困難に会いながらも上海を飛び立ち、東京へ向け最後の飛行を続けていたところが悪い天候のため視界が悪く、燃料も切れ、5月26日夕方戸原海岸に不時着、機体は大破した。負傷した両氏を近くの人たちはすぐさま救助し、手厚い看護をした。その後2人は健康を回復し帰国した。飛行機の発達史に残る2人の飛行家の勇気と戸原地区の人々はじめ関係した多くの人々の温かい行為を讃え、貴重な史実として永遠に残すものである。 平成2年3月25日 春野町教育委員会建立」

 

 

 

 

 

 

何年か前に高知県内の模型製作グループの方々が、この光景をジオラマとして再現し、いの町にあるギャラリー・コパで展示をしていたのを見に行ったことがあります。事故当時は“湾岸道路”はなく、崖っ縁のところまで砂浜だったようです。

BE THE WA(輪)    スタッフやぶ

みなさん、こんにちは!
スタッフやぶです!クラブ

これはアシカショーなどで使う輪です。

 

 

 

 

 

 

赤と青の配色は仮面ライダービルドを想起させますね!

そんなことはどうでもよくて今回はこの輪の作り方を公開しちゃいまーす!
これも飼育スタッフの手作りなんですよ~。

まずは程よい長さのホースを用意します。水槽の水換える時に使用するホースですね。これを丸くします。

 

 

 

 

 

 

あとはテープをぐるぐる巻きます!

ぐるぐるぐるぐるグルコサミン♪

 

 

 

 

 

 

完成!!

 

 

 

 

 

 

こうして輪をビルドしていきます!!ホースから素敵な輪に変身しました!

簡単ですね!
今回は真っ黒にしました。ヤベーイ

 

こうしてつくった輪を使って、現在エルの輪投げトレーニング中です!

こうご期待!