フンボルトペンギンの「メリー」が亡くなりました。

2021年3月5日(金)午前9:00頃、桂浜水族館で飼育しておりました
フンボルトペンギンの「メリー」が15歳で死亡いたしました。
死因については、現在、病理解剖の結果待ちです。
※鳥インフルエンザは陰性でした。

メリーは、盛田のおんちゃんによる人工育雛でとても穏やかな性格に育ち、
人懐っこい子だったこともあり、大人気のペンギンタイムでは、
たくさんのお客様と分け隔てなくふれあってくれました。
また、その大らかさからブライダルの撮影でも活躍し、
生前は老若男女問わずみんなを笑顔にしてくれました。

3月1日頃から体調不良による食欲低下が見られたため、
投薬治療に尽力してきましたが、快復することなく、彼は天国へと旅立ちました。

生まれつき足が弱かったこともあり、あまり身体が強くない個体でしたが
15年というかけがえのない月日を、桂浜水族館で私たちとともに生きてくれました。

ストア前に献花台を設置しております。
「メリー」を愛してくださった皆様に心よりお礼申し上げます。