赤ちゃんの話  スタッフM

大雨明けで久々にメダカ池をのぞいてみました。するとたくさんの赤ちゃんが泳いでいました。孵化したばかりのものややや成長したものたち。今年は赤ちゃんの出現が遅くどうなることやらと思っていたところでした。
GW明けに掬ったものと合わせると何とか「メダカの赤ちゃん展示」を再開することができそうです。

一方、ペンギン団地とフライングケージの間のフェンス添いのスペースには赤紫蘇が植えられています。ここは私と小松さん、樋口さんが世話をするヒコマル(樋小丸)農園です。

シソは飼育スタッフ「はだちゃん」の頼みで樋口さんが植えたものです。この葉にオンブバッタの赤ちゃんが群がり穴だらけにしてしまいました。わが家でも青紫蘇(大葉)が食害にあいましたがカエルのエサ用にせっせと捕獲していたらシソが元気になりました。

バッタは指先でつまむようにしてとりますが、比較的簡単にとれます。「はだちゃん」のシソも安泰です。
以上、赤ちゃん2題でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA