メ異とボク 第21話 スタッフ・ひな

皆様こんにちは。ショックを受けた時はほんとに片言&口数が減るんだなと経験をした私です。

さてさて今回も始まります。「メ異とボク」シリーズ。

数日前に、髪を切りました。

いつもは美容院のスタッフさんに「ここからここまで切ってください」や「眉毛見えるくらい前髪切ってください」と指さして切ってもらってたのですが。

基本寝癖ができやすいので切るときはかなりバッサリいきます。

メンダコ「大抵ベリーショートなんだよね。」

その日はなんとなくカタログを見てお願いしたくなり、丸顔や性格での分類でこの部分をこの髪型、この髪型で前髪をお願いしますといった注文をしました。

その結果、理想通りの髪型!!これで夏を乗り切ります!!

 

タイトル『散髪とボク』

メンダコ「いまだに毎日後頭部を見るたび、寝癖が1~2本あるんだよね。言わないようにはしてるけど。いつ気づくかな・・・」

    孫と鯉のぼり  スタッフM

    2週間ほど、福岡の実家に里帰りしていた息子の嫁と樹が帰ってきました。一段とたくましくなってきました。桂浜水族館のペンギンの「本丸」も自力での摂餌ができるようになり、何かとオーバーラップさせています。鯉のぼりをバックに撮影を試みましたが、微妙でありますバッド (下向き矢印)

    100均で買って組み立てた紙の兜をかぶらせてはめてみたのですが……がく〜 (落胆した顔)

    孫育つ 鯉のぼりのごと 頼もしく   (凡人かすぎる句バッド (下向き矢印)

     

      飼育員の教科書④ 【スタッフ・ウラ】

      みなさんこんにちは!好きな食べ物は圧倒的海産物( )ウラです。

      GWは楽しく過ごせましたでしょうか?

      当館にお越し頂いた方もSNSやYouTubeを通して当館を楽しんで下さった方もコロナ禍でも生き物たちの魅力を少しでも感じていただけていたら嬉しいです。

       

       

      さて、本日は飼育員の教科書シリーズ第4弾です!

      【魚食革命 津本式と熟成】です目

      魚の熟成や保存方法、目利きなど食としての魚を科学的に、詳細に紹介・解説されたものです。

      ”熟成”とはその名の通り魚を寝かせ、旨味を引き出す事です。

       

      冒頭で言いましたが僕は海産物が大好きです。

      特に魚が好きで、市場に行って食べた事ない魚種を見つけては購入しています。

      逆に言えば、市場にはスーパーなどでは見られない魚種がそれだけ多く並んでいるという事で、そんな魚種は多くの場合安価で購入できます。

      基本的には初めての魚種はまず刺身で食べますが、どれもよく知られている魚種と比べるまでもなく美味しいんです。猫2

      漁獲量や見た目、知名度、漁獲時期、調理法の普及度の差などの理由で市場のみで消費されることが多いのです。

      あまり知られていないけどとっても美味しい、そんな魚を紹介したいと思い探していて見つけたのがこの本でした。

       

       

      人の好みはそれぞれです。

      生魚が苦手な人もいれば新鮮なコリコリした刺身の歯ごたえある触感が好きな人もいます。

      しかし、近年鮮魚の保存技術が飛躍的に向上した事で、魚料理の幅は大きく広がったと思っています。

      その一つが”熟成”です。

      簡単に説明すると、魚は適切に寝かせる事で

      ・旨味を感じやすくなる

      ・味がまろやかになる

      ・ねっとりとした触感になり、口当たりが柔らかくなる

      ・鮮魚の状態で保存がきく為、フードロスに効果が期待できるなどのメリットがあります。

      また、魚は同じ種類でも食べている餌や生息環境、季節(繁殖期など)によっても味が変わる他、処理方法や熟成を行う場合はその期間によっても変わります。

      僕も全然知らなかった先が見えない”魚食”の奥深さを知る事になった1冊でしたdouble exclamation

      魚が好きな方、自分で調理して食べてみたいと思った方、興味を持っていただいた方は是非チェックしてみて下さいぴかぴか (新しい)

       

       

      ちなみにですが、僕は魚は生食(刺身やカルパッチョ、なめろうなど)が好きです目がハート (顔)

      それでは次回もお楽しみにっ

        記す日々、描く未来   スタッフやぶ

        皆さん、こんにちは!

        スタッフやぶです。

        GWはいかがお過ごしでしょうか?

        11日間連続生配信ライブ 皆さん、ついてきてくださいね!

         

        国民の祝日が連続して、連休になるのですが、連休の嬉しさで毎日今日が何の日かと気にしていない人も多いのではないでしょうか。

        自分がそうです。

        記念日などは大切にしたい派なんですけど、ついうっかり忘れてしまうんですよね。

         

         

        記念日を忘れないようにしたい・・・

         

        そこで、オリジナルカレンダーをつくりました!

         

        手作りカレンダー素敵ですよね!ある人からは「買ったらいいじゃん!!」と突っ込まれたのですが、手作りなのがいいじゃないですか!

        また、フンボルトペンギンにビタミンを与える日や人や当館で飼育している生き物の誕生日も記入しています。また、今年はそれだけではなく、生き物の記念日も記入していっています!

        実は生き物の記念日もいろいろあります。

        有名なところといったら11月11日のチンアナゴの日や5月の最終水曜日の世界カワウソの日でしょうか。

        あ、そういえばこの間の4月25日は世界ペンギンの日でしたね。本丸が名札をもらっていました。

        しかし、それ以外にもまだまだあるのです。今回はクイズ形式で紹介していきます!!

         

        まず5月2日 ついこの間、GW真っ只中ですね

        ある生き物の日なのですが、何の生き物の日でしょう?

         

         

         

         

         

         

         

        正解は

        5月2日は世界マグロの日 World Tuna    Dayなんです!

        2016年12月の国連総会で制定されました。
        マグロは世界中で乱獲され、国際的な資源の保護が叫ばれています。
        マグロを含め、持続可能に管理された資源の重要性を認識するための日です。

         

         

        では6月22日

        この日は何の日か分かりますか?

         

         

         

         

         

         

         

         

        正解はカニの日です!へえ~~~~。

        ある企業が「夏の活カニ」の魅力をPRするために制定しました。

        この由来が面白いんです。

        星座占いで蟹座が6月22日からはじまること、さらに日本語の五十音で「か」は6番目、「に」は22番目の文字にちなんで、6月22日となったらしいです。

        後半は奇跡の一致じゃないですか!?私は感動してしましました。偶然なのか狙ったのか分からないですが、こういうの大好きです。

         

         

         

        最後は問題の形式を変えて、キリンの日は何月何日でしょう???

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        正解は夏至の日です!夏至とは1年でもっとも昼の時間が長い日です。

        キリンは動物の中で最も首の長い動物です。

        1年で最も昼が長い日に、世界一首が長い動物を知ろうと英国のキリン保全財団によって制定されたそうです。

         

        アシカの日、アザラシの日などなどまだまだたくさんありますよ!

         

        皆さんも調べてみると楽しいと思いますよ♪

         

         

          続カザグルマ  スタッフM

          カザグルマの蕾を前回紹介しましたが、1周間も経たずしてまたつき合わされて行ってきました。果たして……、見事に咲いていました。白い清楚な花に混じり、紫もあり、感動しまくりでありました。ただ、この場所は人の手が入り、刈りとられているとの事。保護の対象ではないだけに、この先はどうなるかはわかりません。

          カザグルマは園芸品種となり、クレマチスやトケイソウとして知られています。

          道すがら 新緑に映ゆ カザグルマ   (超、凡人!バッド (下向き矢印)

           

            畑がここからはじまるよ  スタッフやぶ

            皆さん、こんにちは!スタッフやぶです。

            今回はフジイ農園の話です。

            フジイ農園とは、スタッフフジ監修のもと、やぶ家の庭で野菜を育て、
            リクガメやカピバラに育てた野菜を与えようという2021年最も熱いハートフルエコロジカルサステイナボープロジェクトです。

            今年に入ってやる気を出し、前回のブログでは決意表明だけして、中身は全然進んでいませんでした。しかし、あれから進展があったので、書いていきます。

            まず土をある程度耕し終わりました。出勤前と帰宅してからも日が暮れるまで一人で一心不乱に耕し続けました。その甲斐あって、フジ先生にもふかふかの良い土になってきていると高評価をいただけました。

            そこから堆肥をまいていきます。スタッフMが無料で堆肥がもらえる場所があるということで、車で貰いにいきました。

             

            堆肥をまぜあわせ、石灰をまいてpH調整、

            畝もつくりました!

            周りに掘り出した石を飾って、

            こんな感じです!けっこうそれっぽくなっていますよね!

            我ながら良い感じです!

            テンション上がって、100均で頭を抱えたウサギの置物も買いました!

             

             

             

            そして育てる野菜も決定しました。

            それは

            ニンジンです!

            ニンジンにはビタミンAが豊富に含まれており、眼の保護という点で大事な栄養素が含まれているのです。当館のケヅメリクガメも好物ですし、副食的にメニューに加えていけたらいいなと考えています。普段なかなか手に入りづらいですし。

            また、私も自身で育てたニンジンを食べて、「ニンジンってこんなに甘かったっけ?」と言いたいんです!(金曜ロードショーで流れるCMです、伝われ~~~)

            ニンジンの種もうえて、現在はせっせと水やりをしています。きちんと育つかどうか不安半分期待半分でドキドキですが、楽しくやっていこうと思います。

            そして、ついでに

            ひまわりも育てます!

            夏、家にひまわり咲いていたら最高じゃないですか?

             

            はい。最高です!

             

            いよいよ本格的に始まったフジイ農園

            春の陽気を感じながら、夏を待ちわびたいと思います。

              食いしん坊とトウカイ スタッフ・ひな

              皆様こんにちは。いつも仰向けになって寝ているはずが、朝起きたらうつ伏せになっている私です。なぜ・・・

              メンダコ「寝相かな。」

              今回は久しぶりです!新作のポストカードの紹介をさせていただきます。

               

              まず1枚目は

              大水槽の食いしん坊魚『スギのスーちゃん』

              今から約3年ほど前に当館にやってきたスーちゃん。やってきた当初は約80cmでしたが、とにかくこの子は食いしん坊な性格で現在は120cmにもなりました!

              今日も自由気ままに大水槽を泳いでいます。

              2枚目は

              深海のスズメダイ?『トウカイスズメダイ』

              深海水槽でのんびりと過ごしているスズメダイの仲間。

              エコおやじに聞いたところ珍しいスズメダイらしくまだ過去に1度も会ったことがなかったとの事。

              やや深い海に生息してるという件もあり「深海のスズメダイ」と言われているそうです。

              ちなみに今回は飼育スタッフからオススメされた子達で完成した際に理解されたのが大変嬉しかったぁあ!!

              またオススメの子とかいたら描いてみたく思います。

               

                カザグルマ スタッフ・M

                休みの日、寝坊を決めこんでいると妻にたたき起こされ、

                カザグルマ(花)を見に行くので行ってくれとの事。

                オニババのくせに野の花を愛でるのが趣味の一つで、結構詳しいのであります。

                昨年もつき合わされたのですが、確かに美しいものでした。この日はまだ蕾の状態で、開花は1週間ほど先になると思われます。

                ブログネタができたので、また報告します。

                OLYMPUS DIGITAL CAMERA

                OLYMPUS DIGITAL CAMERA

                OLYMPUS DIGITAL CAMERA

                  ラップ・変われSOUL爆現   スタッフやぶ

                  皆さん、こんにちは!

                  お久しぶりです。スタッフやぶです。

                  皆さんは桂浜水族館公式YouTubeはご覧になっていますか?

                  カワウソラップ 「変われSOUL 」

                  聴いてくださいましたか?(まだ聴いてない、見ていない方は要チェックです!)

                  私の魂がこもった曲いかがだったでしょうか?今日はカワウソラップの裏話なんかを少しだけ書いていきます。

                   

                  まずコツメカワウソの密輸問題などをどのようにして伝えていくべきか。これは水族館業界の永遠のテーマ、課題のひとつです。

                  昨年、オンラインで他の園館とお話する機会があって、どこも伝え方に悩んでいました。

                  解説しづらい雰囲気、真面目に話をしたところで目の前の可愛いコツメカワウソに夢中で聞いてもらえないなど、どこも共通した悩みを持っていて、それは私も感じていました。

                  しかし、だからと言って何もしない、伝えないということは良くない・・・。

                  何か良い伝え方はないのか?

                  面白くて

                  楽しくて

                  インパクトがあって

                  なおかつ説教くさくない方法で

                  カワウソを飼いたいと思う人の気持ちを変えたい。
                  (守りたい、保全に意識を向けたい)

                  飼いたい を 変えたい。

                  ん?

                   

                  韻踏んでるじゃん。

                   

                  そうだ、

                   

                   

                  ラップにしよう。

                   

                   

                   

                   

                  ということで、カワウソラップは誕生しました。

                  またラップって人の魂に訴えかけるものじゃないですか。このテーマにぴったりだと思ったのです。

                  そこからじわじわ休憩時間などを利用し、作成していきました。ラップについて全然詳しくないですが、ダジャレだったり韻を踏んだりするのはもともと好きだったので、楽しみながら作っていきました。

                  実はあのラップは昨年の11月ごろにはある程度完成していました。

                  休憩時間に実習生に聴かせたりして、(いい迷惑!)いろんな意見をもらっていました。ここ、もっと韻踏めるんじゃないですか?などのアドバイスや面白い、感動したなど好意的な意見が多くて、嬉しかったのを覚えています。

                  しかし、お客さんには公開出来ずにいました。実習生に賞賛され、自分が気持ちよくなって終わっていました。

                  なかなか公開しなかったのは理由があって、一番の理由は

                  恥ずかしかったからです。(←これ、大事な感情ですね!)

                  学生時代、音楽の成績も良くなく、音痴気味。まるのんに歌ってもらおうか相談した時もありました。時間がない、他の業務で忙しい、もっとクオリティをあげてから公開したいなどいろんな理由をつけて結局何の進展のないまま時間だけが流れ、年を越しました。

                  しかし、あることがきっかけで止まっていた時が動き始めます。

                  今年に入ってから某TV番組のインタビューを受けました。最近力を入れて取り組んでいることを聞かれ、カワウソラップの話をしました。1小節だけその場で歌ったのですが、ディレクター陣はそんなに食いついてきませんでした。(もちろんO.Aでは全カット!)

                  ですが、そのインタビューを端から聞いていた女の子がいて、あとから私のところに来て、

                  「わたし、あの歌すき」

                  と、わざわざ言いに来てくれたんです!これがもう嬉しくて嬉しくて、こんな小さな子でも思いは伝わるんだ、我ながら心に響く素晴らしい歌なんだなと自信を持ち、やっぱり公開しないともったいない!と思い、準備を本格的に進めてきました。

                  あの子がそう言ってくれなかったら自己満足の塊として自分の中に封印していたかもしれません。それぐらいあの時の私にとってその一言は大きかったです。

                   

                  公開後、YouTubeのコメントでも多くの人がカワウソについて考えるきっかけになったと言ってくださり、とても嬉しいです。公開して本当に良かったと思います。

                  しかし、もっともっと多くの人に聴いてもらいたいという思いも強いです!

                  目指せ100万回再生です!!

                   

                   

                  密輸問題などは法の改正、規制や罰則の強化など国をあげて取り組んでいかなければならない問題です。

                  ですが、私たちが今からでもコツメカワウソについて出来る事はたくさんあります。

                  意識の変化、現状を知ること、伝えること、募金、そしてカワウソラップを拡散すること(←熱い宣伝)です!

                   

                   

                  私はこの歌をこれからも歌い続けようと思います。

                  コツメカワウソについて悲しいニュースがない未来を望んで

                   

                   

                    メ異とボク 第20話 スタッフ・ひな

                    皆様こんにちは。某ゾンビ映画で泣きに泣いた後こんな愛を誓いたいなと思った私です。またDVD借りようかな。

                    メンダコくん、この映画風に愛を誓ってもいいかな?

                    メンダコ「お、お断りします・・・(ガタガタ)」

                    さてそんな気持ちで今回も始まります「メ異とボク」シリーズ!

                    相も変わらずメンダコくんに愛アピールをしているメ異。ある時はエビの着ぐるみをきたり、またある時はエビのように体を曲げて・・・・といったアピールをした結果ケーサツを呼ばれたり救急車を呼ばれたりといった結末を迎えていたのであった。

                    そこでふとメ異は思った。

                    エビだからこんな結果になるのでは・・・?

                     

                     

                    タイトル『メ異とボク タコの巻』

                    タコのマスクを着けて謎の黒い液体を噴き出しながらアピールした結果・・・

                    メンダコくんが立ったまま気絶しました。そしてまた救急車を呼ぶことに。

                    メ異のメンダコくんへの愛のアピールはまだまだ続くのであった。