桂浜水族館と私の平成  スタッフM

この原稿を書いている時点では、あと1日を残して平成時代が終わります。
ブログが上がる予定の金曜日には新しい元号、令和が施行されます。
そこで私も世間並みに遅ればせながら平成を振り返ってみようかと思います。
桂浜水族館に入ったのは昭和の終わり、
平成はまるまる一杯、桂浜水族館で仕事をしました。
マスコミによくとり上げられ、一世を風靡したペンギンの”せとおおはし渡り”と
”そうめん(キビナゴ)流しは昭和末から平成の始めでした。
オキゴンドウをトレーニングしてクジラショーを企画したのも昭和末からですが、
平成2年に搬入したさくら(後にゴン太となる)は最も長く活躍しました。
平成5年より製作を始めた手作り紙芝居は、
オリジナルや絵の依頼を受けたものを合わせると膨大な数になります。
94年4月より展示を開始したトサキン(土佐錦魚)は脈々と続いています。
他にもいろいろありますがこんなところで…。
平成をハマスイ一筋で来れたのはやはり健康あってのこと
(酒飲みすぎやないか!)わかっちゃいるけどやめられねー♪

    団地管理者の裏話。(スタッフ・はだちゃん)

    みなさんこんにちは。
    スタッフ はだちゃんです。

    ペンギン団地では、管理人であるスタッフたちも魅力です。
    今日はペンギン団地に出入りするスタッフの裏話をします。
    生き物は一切出てきませんので予めご了承くださいませ。

     

    まずはこの人、皆さん知ってますよね?

     

     

     

     

     

     

    桂浜の小栗旬

    このおっちゃんはどんな人にも分け隔てなく接することが出来る本当にすごい人。
    それでいて、年上には礼儀を忘れない。
    みんなに好かれるのも うなずける、そんな人柄の持ち主。

    人の恋愛話が好物で、実習一日目の実習生に「彼はいるか?」と問い、
    はい と答えたならば「お前と彼は血液型何型だ?」
    いいえ と答えたならば「悪いが20そこそこの女にゃ興味ねぇ」と返すのがお決まり。

    しかも意外と読書家で、図書館で借りてきた本を毎朝と昼休憩の合間に読んでいる。
    ジャンルはサスペンスっぽいものが多い気がする。
    口癖は「俺はもう長くねぇ」と「女は60過ぎてから」

     

     

     

     

     

     

    次はこの方、入社して40年以上の大ベテラン スタッフ M

    自他ともに認める酒好きで、
    ペンギンのビールシリーズや土佐の日本酒シリーズの名付け親である。
    雨の日や気合を入れて掃除するときは黄色のカッパと竹笠帽子を身に着けており、
    めっちゃ似合っていて可愛い。
    また、記憶力が異常に発達しており、今までに対応した実習生の名前と顔を
    ほとんど覚えている。冬は毎朝コンビニのおでんを買って食べる。
    そしてローソンのポイントを集めまくって、景品をいち早くゲットしている。
    (交換しすぎて持って帰ると奥さんに怒られるらしい)

     

     

     

     

     

     

    とにかく明るい スタッフ ヤブ

    何事もめげない性格。
    いつもお腹が空いているので、よく食べ物をたかる。
    手話の手引きの本に登場する「まえだ あすか」さんがタイプらしい。
    一度指導すると、その部分だけ飛躍的に伸びるがあまり長続きしない。
    疲れている時に会話すると疲労がさらにたまる。
    しかし、落ち込んでいる時に会話するとなぜか元気になれる。

     

     

     

     

    最後はこの方 魚類班リーダー タクちゃん

    ペンギンを海獣チームで見ることになっても
    人手が足りないときはこの方の力を借りている。
    相棒 ぽんちゃんとは超ラブラブ。
    家族 ダンゴムシとイモリ。
    嫌いな食べ物 豆腐、バナナ、納豆、トマト、ヨーグルト、牛乳、牡蠣、などなど
    好きなキャラクター すみっコぐらし、タヌキとキツネ 他可愛いもの

    時々バカな事をしでかすお茶目なリーダー
    後輩思いで、常に自分以外のことを心配しています。
    気に入った相手には毒を吐きます。
    下を向いてニヤニヤしたらフナムシを見つけた証拠です。

     

    ではみなさん、平成最後の日をお楽しみください。はだちゃんでした。

      釣り スタッフ・さんご

      みなさん、こんにちは。
      車を買い替えたさんごです。

      今回は、水族館にちなんだお話をします!
      先週の月曜日にスタッフ・ウラと釣りに行ってきました♪

      大学時代に見つけた野見湾の穴場へ
      朝8時から約1時間かけて移動し、いざフィッシング🎣
      狙いはカサゴ🐟
      釣り始めて1分経たないうちにカサゴが釣れ、
      続けさまにべラがちらほら、
      目の前にはネンブツダイが無限におり入れ食い状態魚

      約3時間で
      ネンブツダイ約70匹
      カサゴ約15匹
      ササノハベラ約5匹

      今回大物は連れなかったですが、釣果としては良かったかと思います✨

        平成の記念碑 スタッフM

        昨年10月28日は、明治150年記念全国豊かな海づくり大会が
        宇佐しおかぜ公園で開催されました。
        公園には大きなテントが張られ、天皇皇后両陛下がご臨席され、
        式典が行われ、両陛下の御手よりイシダイ、イサキの稚魚が放流されました。
        私は朝、通勤中にしおかぜ公園に寄り一服したり採集したりすることがよくありますが、
        3月、何やら工事が行われていたので何ができるだろうかと思っていたところ、
        この大会の記念碑で、天皇陛下のお詠みになられた歌が記されていました。
        「土佐の海に いしだひを放つ この魚を 飼ひし幼き 遠き日しのぶ」
        魚を自宅で飼育して楽しんでいた私も感動をおぼえました。
        平成から令和へ、この歌碑も長く残されていくでしょう。

          タイトルいつも悩む・・・(スタッフ・はだちゃん)

          みなさんこんにちは~!もう暑いですね、とける。

          今年は暑さ対策にふわふわのかき氷が作れるかき氷機を購入しようと思っています。
          シロップはカルピス!!溶けたあとに飲んでも美味しいですからね!!

          ところで、2階のホネホネルームにあるアート魚ラリーでは「おペン路」の期間限定で
          ペンギンの特別展を開催しております!
          良く言いますと、当館ならではの手作り感満載の展示です(笑)

          そこでみなさんの感想を書くことができる「思い出ノート」があるのですが、飼育スタッフが
          ものすごく気に入っています。
          名前や、担当動物の名前が書いてあると喜んでおります(笑)

          そこで書いてあった内容を少しご紹介します。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          可愛いイラストもあり、面白いですね!

          ではまた、はだちゃんでした。

            「手伝う」という言葉~スタッフ・もりちゃん~

            みなさんこんにちは。
            4月1日、もりちゃんは桂浜水族館と一緒に誕生日を迎え29歳になりました。

            桂浜水族館に入社して3年だか4年だかになるのですが、
            まるのんが「今からトドプール掃除するけど近くで写真撮る?」と誘ってくれたので
            水を抜いたプールに初めて下りました。
            水を抜いたプールを見るのは初めてではないのですが、
            水を抜いたプールに下りるのは初めてです。滑る。
            実は、この日の初めてはこれだけではなく、
            その日 “初めて” 少しだけトドプールの清掃をしました。
            床に平然とウンコが転がっている。動物だとて女子たちよ。

             

             

             

             

             

            しかしよく考えてみると、3・4年いるというのに私はここで「したことがない」ことが多すぎる気がします。
            事務局スタッフだから飼育の仕事で「したことがない」のがあることは不思議じゃないかもしれません。
            でもそれは「事務局スタッフだから」ってしなくていいことでもないと思うのです。

            「手伝う」という言葉には、どこか他人事を前提としたニュアンスがあって
            大人の「手伝い」は子どもの「おてつだい」と違って、
            「自分には関係ないことだけど、関わってあげる」みたいな
            冷たさがあるように思います。
            ここで「企画広報」という役職を担うようになってから「手伝う」に対して
            絶妙な冷ややかさを感じるようになりました。いい意味でです。
            この言葉や、この言葉を使う人にはもちろんなんの罪もありません。
            ただなんとなく、なんとなく私がそう思うのです。

            だからこそ忘れてはいけないのが
            自分と他人では、同じ物事に対して向けることができる熱量が違うということです。
            誰かが愛してやまないものが私にとってはどうでもよくて
            私にとって至極愛しいものでも、誰かにとっては心底どうでもいいことだってある。

            しかしながら、どうせ同じことをいっしょにやるのなら
            私は、ついてきてくれる人よりも、同じものを見てくれてなくてもいいから、同じ思いを抱いてくれてなくたっていいから、片思い同士でいっしょに歩いてくれる人の方が好きだという、ただそれだけのお話です。

            まるのんと、最近流行ってるらしいカップルの写真を真似てみました。

             

             

             

             

             

            飼育員が彼氏だったら、こんな写真も撮れますね。

              そろそろ暑くなってきたんじゃない? スタッフ・鹿

              皆様、こんにちは。鹿子です。

              もう少しでGWですね。皆様スケジュールは決まりましたか?

              今年も桂浜水族館ではGW早々から変わったこと、します。

              ホラーって、お好きでしょ?

               

              ゲスト様やスタッフと一緒に、ハルウィンパーティ致しましょう。

              当日は、フードストアで身も震える限定メニューも出るらしいわ。

              残念ながら私は当日休みで参加できないけど、最近海で知り合った友人が

              参加するらしいから、仲良くしてあげてください。

              是非コスプレをして、盛り上がりましょう。

              最後に、せっかくホラーだから私が昔観て怖かった

              映画のヤツみたいなのやってみました。

               

               

               

               

               

               

               

               

              ベッドや階段・・・なかったからこれで許してちょうだい。

               

                龍馬目線でクルーズ船を見る スタッフ・M

                今、桂浜の坂本龍馬像横に足場を組んで、「龍馬に大接近」が行われています。
                龍馬の目の位置から土佐の海や山を眺めようという趣向です。なかなかスリルがあります。
                折しもこの日は、対岸の種崎の高知新港に
                外国船籍の豪華客船が入港し、停泊していました。
                幕末の時代、ペリー提督率いるアメリカの黒船に肝をつぶした龍馬でしたが、
                巨大なクルーズ船には何を思ったことでしょう?

                  史上最大のイベント 後編 メイキング・オブ・カピバラ  スタッフやぶ

                  こんにちは!絶賛爆走中のスタッフやぶです。

                  今回は待望のカピバラの服の作り方を公開します!これで今日も君もカピバラだ!

                   

                  まず、カッパを買います。
                  カピバラにするなら黒いカッパのほうが良かったんじゃない?まるのん先輩に突っ込まれましたが、もう買っちゃたんだからしょうがない!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  そのカッパに両面テープでひたすら松葉をつけていきます。
                  これが果てしない作業!!実習生の子にも少し手伝ってもらいました、ありがとう!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  そして、黒いグローブ、茶色いサンバイザーをつけて、はい!カピバラの完成!

                   

                   

                  カッパを使用したカピバラの衣装ということで僕はこの衣装のことをカッパラと呼んでいます。(くだらねぇ!)

                  この衣装を着て、爆走し、時速50kmを出そうという意気込む男
                  そしてそれを見ているカピバラ

                  こんなイベントをやっている水族館は全国の水族館探してもハマスイだけ?です!

                  爆走タイム後、通常のカピバラ餌やり体験(有料)もありますので、是非そちらもご参加ください。

                   

                  紆余曲折あって、こういう形のイベントになりましたが、
                  こうなったからには最後まで走りきりますよ!!

                   

                   

                   

                    さんごの仕事① スタッフ・さんご

                    みなさん、こんにちは。
                    GWの10連休が10連勤なさんごです。

                    今回は、私がおこなっている仕事について少しお話ししますよー♪
                    唐突ですが、皆さんはインスタグラムをやってますか?

                    当館も公式アカウントを3年前に開設し、
                    現在、私が写真を掲載しています!

                    といっても飼育や事務局スタッフにも協力してもらって
                    良い写真があればそれもアップしていますカメラ

                    そのなかで最近撮った私のお気に入りは、

                    ペンギンのお姫様だっこ

                    アシカのケイタ君、ココちゃんとの関係は?

                    です!

                    撮った写真がたまたま面白い画だったらテンション上がります✨

                    私が出勤している日は、一日一枚あげるようにしているので
                    是非見ていただければ嬉しいです(^^)