激闘!?カリフォルニアアシカ ケイタとの遊び…!ぱーと② :スタッフ まるのん

はい、みなさんこんにちは。先月から毎晩、養命酒を飲んでから寝るようにしているまるのんです。今回は前回の続き「激闘!?カリフォルニアアシカ ケイタとの遊び…!」ぱーと②をお届けします。

ケイタと遊ぶ準備が整い、自分がここだと決めた時間が来た今!いざ、アシカプールへ!不穏な空気を醸し出さずにいつも通りアシカプールのドアを開けるとケイタが近づいてきました。しかし、私がお魚を持っていないと判断したのか、プールに入って海遊しはじめました。(まぁ、そうなるよね。)そう心で思いながら、私は事前に考えていた「作戦」を始動しました。その作戦とは名付けて「いやー、楽しいなぁ。めちゃめちゃ楽しいなぁ。」作戦です!(※作戦名にセンスがないといったコメントは受け付けていません※)

具体的にどういった作戦かと言いますと、いきなりケイタと遊ぶのではなく私1人で遊ぶそれもめちゃめちゃ楽しそうにする、と言った作戦です。実際、私がした遊びはボールを蹴って1人で壁当てをしました。

その時のケイタの反応はというと、「ガン見」です(笑)

そのまま私がケイタをチラチラ見ながら「楽しいなぁ!!ボールってこんなに楽しいんだぁ!」と小芝居を打ちながら壁当てを続けると、ケイタが目でボールを追いながらステージに上がってきました。完全にボールを狙っています(笑)そこで次はわざと壁当てのミスをしたかのようにプールにボールを落とします。するとケイタは勢い良くプールに入りボールで遊びだしました。(よしよし、いい感じ)次は事前に準備をしていたホースを取り出し、また私の小芝居の始まりです。「ホースは最高だなぁ。だってこんなに楽しいんだもの!」ボールで遊びながらまたコチラの様子を覗うケイタ。

(さぁケイタ!また上がってこい!)…上がってきました。(笑) しかし、次はなかなかケイタにおもちゃは譲りません。焦らしまくります。ホースを取られまいと色んな手段を使って焦らします。ただやりすぎるとイライラして私に噛んできちゃうかもしれないので距離を取りながら適度に焦らします。そして頃合いを見てホースを取られたフリをして次は引っ張り合いっこをしてやります。ここでポイントなのが「ちょっとだけケイタにホースを譲り遊びをやめようとする」ということです。文字で説明するのは難しいですが、例えるなら「お父さんが子供と将棋をしていてわざと『王将』を取られるような展開を作り上げてあげる」という感じですね。(※逆にわかりにくいといったコメントは受け付けません※)そんなことをしているとケイタが「もう少し遊ぼう」と言わんばかりにホースを私に渡してくれました。(よし!)そう思ったのですが今日はここで遊びを終わり、私はアシカプールをあとにしました。

さて、良い形で遊びは終えることが出来た。次のステップだ!・・・(次週に続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA