テズルモズル(テヅルモヅル)  スタッフM

桂浜水族館の裏、トドショープールの観覧席の後ろに山水を利用したザリガニ繁殖池があります。

 

 

 

 

 

 

ザリガニの好物は何と水草なのです。私のメダカ繁殖池にはクロモとヘラオモダカが繁殖していますが、これがよく狙われるのです。メダカに絡めとっていかれたりするので困りものですが、さすがに繁殖シーズンは勘弁してもらっています。
そこで、水草を求めて、採集に出かけました。場所は南国市の西のはずれ、石土池と住吉池を結ぶ水路です。

 

 

 

 

 

 

ここにはマツモがたくさん繁茂しています。

 

 

 

 

 

 

これを採集する道具を開発しました。名付けて「テズルモズル(手蔓藻蔓)」。クモヒトデに近い仲間で、この名を持つ動物がいます。テズルモズルというのは昔の水軍や海賊が使う武器の1つで、長い竿の先にトゲのある鉤状のものがたくさんついたもので敵をひっかけて海へ落としたり、海から引き上げて攻撃を加えることに使われます。

 

 

 

 

 

私のテズルモズルも水草をひっかけて引き上げるのに使います。今回は見事に大成功。ザリガニにたらふく食べさせることができました。

 

 

 

 

 

オレさまはどうしてこんなに冴えているんでしょ、ハヒフヘホー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA