ありがとうございました と これから スタッフ・ひな

皆様こんにちは。くしゃみと鼻水、目のかゆみが止まらない私です。

花粉症シーズン到来です。マスク着用が欠かせません。

さてさて今回は、4コマでなくお知らせでございます。

皆様 ありがとうございました!

実はブログで公表していなかったのですが、先月中旬から私のオリジナルポストカード(バレンタインデザイン)を

数量限定で売店マリンストアで販売していまして、先日完売致しました!

ご購入いただきました皆様ありがとうございました!!

 

そしてタイトルの これから というのは

 

月々にデザインしたオリジナルポストカードを数量限定で販売することになりました。

例えば3月ならひなまつり 5月はこどもの日

といったポストカードを作っていきます。

さらに、気分次第で私が描いたマニアックに近いスイゾク達のポストカードを気分次第で増やしたり減らしたりと販売していきます。

メンダコ「ちなみに今現在はボク『メンダコ』とペンギンの『マスノスケ』を販売中です。どんどんマニアックになっていきそうだなぁ・・・」

 

よろしければご来店の際お手にとってみてください。

 

ゴカイ養殖場  スタッフM

桂浜水族館にいつも魚を提供して下さっている、須崎市浦ノ内のMさん。主にカニを漁るための籠罠を仕掛け、チョウチョウウオやベラ、フグの仲間などを捕獲しています。実はMさん、浦ノ内に家があるわけではなく、高知市内から通ってきているのです。仕事は何とゴカイの養殖です。釣り餌のゴカイを卵から育て上げていくという、正に種苗生産です。
浦ノ内湾に面してビニールハウスが建てられ、砂利を敷きこんだ田んぼのような浅い池がたくさん並んでいます。親のゴカイから「種とり」という作業で卵を採り、砂利の中で育て、大きくなったものを選別して出荷するのです。池を掘り起こして掃除をしたりすることが不可欠で、大変な重労働となります。夏場はたまったものではありません。
浦ノ内湾ではかつてゴカイ養殖が盛んで、あちこちに施設がありますが、今も稼働しているのはMさんのところぐらいではないでしょうか。残骸のようになったのもあり、砂利の部分には水は引かれず、草ぼうぼうになっています。
土佐市新居の仁淀川河口近くにも使われなくなった施設の跡が残っています。
私が通勤する”湾岸道路沿いの遺跡”です。

コレが私のホイッスル  スタッフやぶ

みなさん、こんにちは!スタッフやぶです。

2月10日は誕生日でした。お祝いしてくださった皆様、ありがとうございます!
たくさんの人に支えられて生きているんだなーと実感しました。2020年も頑張るぞ!

 

では、今日はトレーナーなら必ず持っているものの話です。

それはこちら!

 

ホイッスルです!

このたびホイッスルの紐がボロボロになっていたので、新しいものにかえました。
青と黄色のカラーがとてもおしゃれです。仮面ライダーメテオストーム仮面ライダービーストハイパー仮面ライダーバルキリーライトニングホーネットを思わせる色合いです。

このホイッスル どんなものかというとトレーニングを行なう時に使います。

ホイッスルは本来ピーッと音がなるだけで、動物にはなんの意味もはじめはもっていません。

ですが、ホイッスルを鳴らした直後にエサを与えることを繰り返していくと、動物は徐々にホイッスルの音に反応していくようになります。ホイッスル=餌だ!ということを認識していきます。

これを用いて、いろいろな種目をトレーニングしていくのです。ホイッスルとはいわば動物にその行動はOKだよ!という合図に使うとても大切なものなのです。

 

たかが、紐を変えただけと思われるかもしれませんが、気分も一新。なんだかいいトレーニングができそうです。

ホイッスルはただのものなんかじゃない!トレーナーの夢なんです!

リメイク4話できました スタッフ・ひな

皆様こんにちは。某レンタルショップでホラー映画を借りようと思ったらゲームを買っていた私です。

ホラー映画やスプラッター映画が苦手なんですが、怖いもの見たさで借りてしまい

その晩眠れなくて後悔することがよくあります・・・。

しかしホラーかと思って観てみると、まさかの泣ける映画だったという(恐怖での泣きじゃないほうです)事もありました。

さてさてそんな感じでリメイク第4話始まります。

メンダコ「どんな感じ!?」

これは本当にあったお話です。

ある日私は、大好きなウシエイくんに朝から会いに行こうと館内に向かいました

その日は朝が早かったため、まだ館内は真っ暗で

唯一扉から入っていた太陽の光だけが館内入口付近を照らしていました

ウシエイくんのいる大水槽までは入口から遠く

私は暗い館内を壁に手をつけながら大水槽に歩いていきました

目も慣れてきて大きなガラス窓が見えてきました。大水槽だ

もちろん大水槽の中もまだ電気がついていなかったため暗くて魚達も見えませんでした。

中の見えない水槽に向かって、私はウシエイくんを呼びました

すると・・・そこには・・・

 

タイトル『水族館の恐怖体験』

メンダコ「リメイクなのになんでお初のように長文にしたのだろう・・・」

時々になるかもなのですが、リメイクと共に新しい話もできれば一緒に投稿したいのでよろしくお願いします。

 

ヤブガラシは今?  スタッフM

春近しといえども、まだまだ冷えこむ日もあり、朝は車のフロントガラスが凍りつくこともしばしばです。そんな中、フラッと水族館の裏口を出て坂を上ってみました。するとそこでヤブガラシの新芽が伸びているのを見つけました。冬中この姿でいたのかもしれませんが、寒さに耐えて力を蓄えているのでしょうか。
今年もまたリクガメの餌としてヤブガラシを採ることに精を出すことになりそうです。リクガメにとって栄養たっぷりといわれるヤブガラシ。パワフルな一面を垣間見たような気がします。

体験しなければ、知ることは出来ない! スタッフやぶ

みなさん、お久しぶりです。
スタッフやぶです。

2月3日は節分でしたね。水族館で恵方巻きも食べました。美味しかった~。

今日はカピバラの最新情報!

9月24日に産まれた子ども ムムとテテ!
(名前は尼神インターの渚さんにつけてもらいました)すくすく大きくなっています!
左がテテ、右にいる後ろを向いている子がムムです!これは早朝撮った写真です。
朝は冷えるのかみんなでおしくらまんじゅう状態。カワイイ

体重も約11kgとかなり大きくなってきています。

 

そして、おまたせしました

ついに

 

カピバラタイムが復活しました!

1回500円でカピバラ舎の中に入って、餌やり、写真撮影、ふれあいなどいろいろ体験出来てしまいます!

子どものカピバラに触れ合うなら今しかありません!すぐ大きくなってしまいますからね!1年後には親とそんなに変わらない大きさになっていることでしょう。

カピバラ怖い…。500円高いな…。まぁ。なんか別にいいかな…。

もったいない!見ているだけでなく、実際に自分で体験してみないと分からないことがたくさんあります。
カピバラのかわいさ、どこをさわると気持ちよさそうにするのか、どこをいやがるのか、肢のかたち、毛の質感、寝姿などなど…。

ぜひ、水族館にお越しの際は13時30分のカピバラタイムにご参加ください。

 

 

体験しなければ、知ることは出来ない!

リメイク第3話できました スタッフ・ひな

皆様こんにちは。メンダコにチューしたい私です。

まだホンモノに会ったことがないので・・・

さて今回もリメイク4コマ第3話です。

ウシエイくんの写真を撮ろうと奮闘する中、リメイクなのでご存知の方もいると思いたいのですが・・・ある魚が写るんです。

 

タイトル『写るんです』

ちなみにこの時写真を撮っていたのはデジカメだったんですが、リメイクということでちょっとアレンジ。いつかBefore、after4コマとか作ってみたいなぁ。

オオニベ達は今日も元気に大水槽で泳いでいます。

きっとまた他の魚の写真撮ろうとすると入るんだろうなぁ・・・。

無題  スタッフM

1月22日(水)、朝、桂浜地区の一斉清掃が行われました。場所は桂浜を東に回ったところにある東の浜。新堤と旧堤、2つの防波堤の間にあり、あまり人が行くことがなく、ゴミというより打ち上げられた木ぎれや竹などでいっぱいになっています。桂浜水族館からは私を含む3名が参加してきました。手に手にビニール袋と火バサミを持って切りのないほど大量のゴミを拾いました。
作業していると、ふとおもしろいものを見つけました。多分、ウサギの糞でしょう。ひとかたまりになっています。桂浜の裏山ではよくタヌキを見かけますが、ウサギもすんでいるのでしょう。
子どものころ、私は三重県出身なのですが、中学校や高校の運動場でよくこれを見かけ、先生が、「夜になるとウサギが運動会しとるんやわ」と言っていたのを思い出します。実際、夕方暗くなると何やら走り回る姿を見た気がします。
一斉清掃に参加して何とも微笑ましく感じたものです(ウサギ年のおんちゃん)。

自分のペースでペタペタと(スタッフ・はだちゃん)

みなさんこんにちは
はだちゃんです。

思えば私は非常に生き物が好きな子どもで
小学校の近くの田んぼで梅雨の時期になると増える
アマガエルやシュレーゲルアオガエルを捕まえたり、
カエルのエサとしてカブトエビやおたまじゃくし、ホウネンエビなどを捕まえては
家に持ち帰って親に呆れられていました。
家の近くの用水路で採集して落っこちた時はさすがに怒られたり
拾ってきた大きな亀にヒルが大量についていた時は
お願いだから元の場所に返してこいと懇願されました笑

そんな私も紆余曲折あり、京都の水族館で飼育補助をした後、
桂浜水族館に入社し、魚類・ペンギンを2年、海獣・ペンギンを1年半、
桂浜水族館全部の生きものに関わり、いろんなことをやらせて頂いたこの三年半。
長かったような、、、短かったような、、、?
まあ、そんなこんなで私の桂浜水族館の飼育員人生はおしまいです。

縁もあり次はペンギンのいる、、、古めの、、雪国、、、そば、、、桜の名所、、、、
な施設に就職できそうです。

最後に、、、ペンギンのイメージをお客さんに聞くと、
よちよち歩いている姿がカワイイ!!と言われます。
確かに かわいい。それは間違いありません。
で す が
ペンギンは歩くのが遅いのにはちゃんと理由があります。
実はペンギンの足の骨の形は曲がって付いているので、
(「ペンギン 足の骨」 で検索!)
人間で例えるなら中腰となって歩いているのと同じです。
中腰で早く歩くのはかなりしんどいですよね。
ですのでペンギンは体力をなるべく使わないように
ゆっくり自分のペースで歩いているのです。
いざという時に走り、水の中に入ってしまえばこっちの勝ちなのです。
走る時は腕の翼(フリッパー)も使い地面を押しながら四足になって走ります。
ペンギンってかなり たくましい 生き物だと思いませんか?

それでは今まで応援してくださった皆さん本当にありがとうございました。
またみなさんと会える日を楽しみにしています。
ばいばーい。

リメイク第2話&第193話できました スタッフ・ひな

皆様こんにちは。背中に手をのばすと高い確率で腕をツる私です。

さて今回は前回に続きフルカラーリメイク第2話を、そしてそして今回はどうしても描きたかった話、合わせて2話分ご紹介します。

リメイクは私が一番大好きな魚「ウシエイくん」とのお話です。

また会えることを信じて描きました。

そしていつかまた髪を伸ばして針をさしたいな・・・

タイトル『大好きウシエイくん』

4コマを見返してその時の服装と髪型で描いてるのですが、この時は青のTシャツでした。髪の毛は・・・・あんまり今と変わってない。

 

そして第193話。時は1月23日 桂浜水族館にお客様がご来館されました

タイトル『1月23日 出会い』

しゅこくん可愛いよしゅこくん!!!

カウンター横から外を見てみるとおとどちゃんと戯れていました。3秒間思考停止後ハートを射抜かれました。

ななななんだあの可愛い子はぁああ!!!

ということでしゅこくんに一目惚れ致しました。

また、会いたい!そしてグッズ出たら即買おう!

四国水族館は3月20日オープン!楽しみです!!