無題  スタッフM

1月22日(水)、朝、桂浜地区の一斉清掃が行われました。場所は桂浜を東に回ったところにある東の浜。新堤と旧堤、2つの防波堤の間にあり、あまり人が行くことがなく、ゴミというより打ち上げられた木ぎれや竹などでいっぱいになっています。桂浜水族館からは私を含む3名が参加してきました。手に手にビニール袋と火バサミを持って切りのないほど大量のゴミを拾いました。
作業していると、ふとおもしろいものを見つけました。多分、ウサギの糞でしょう。ひとかたまりになっています。桂浜の裏山ではよくタヌキを見かけますが、ウサギもすんでいるのでしょう。
子どものころ、私は三重県出身なのですが、中学校や高校の運動場でよくこれを見かけ、先生が、「夜になるとウサギが運動会しとるんやわ」と言っていたのを思い出します。実際、夕方暗くなると何やら走り回る姿を見た気がします。
一斉清掃に参加して何とも微笑ましく感じたものです(ウサギ年のおんちゃん)。

自分のペースでペタペタと(スタッフ・はだちゃん)

みなさんこんにちは
はだちゃんです。

思えば私は非常に生き物が好きな子どもで
小学校の近くの田んぼで梅雨の時期になると増える
アマガエルやシュレーゲルアオガエルを捕まえたり、
カエルのエサとしてカブトエビやおたまじゃくし、ホウネンエビなどを捕まえては
家に持ち帰って親に呆れられていました。
家の近くの用水路で採集して落っこちた時はさすがに怒られたり
拾ってきた大きな亀にヒルが大量についていた時は
お願いだから元の場所に返してこいと懇願されました笑

そんな私も紆余曲折あり、京都の水族館で飼育補助をした後、
桂浜水族館に入社し、魚類・ペンギンを2年、海獣・ペンギンを1年半、
桂浜水族館全部の生きものに関わり、いろんなことをやらせて頂いたこの三年半。
長かったような、、、短かったような、、、?
まあ、そんなこんなで私の桂浜水族館の飼育員人生はおしまいです。

縁もあり次はペンギンのいる、、、古めの、、雪国、、、そば、、、桜の名所、、、、
な施設に就職できそうです。

最後に、、、ペンギンのイメージをお客さんに聞くと、
よちよち歩いている姿がカワイイ!!と言われます。
確かに かわいい。それは間違いありません。
で す が
ペンギンは歩くのが遅いのにはちゃんと理由があります。
実はペンギンの足の骨の形は曲がって付いているので、
(「ペンギン 足の骨」 で検索!)
人間で例えるなら中腰となって歩いているのと同じです。
中腰で早く歩くのはかなりしんどいですよね。
ですのでペンギンは体力をなるべく使わないように
ゆっくり自分のペースで歩いているのです。
いざという時に走り、水の中に入ってしまえばこっちの勝ちなのです。
走る時は腕の翼(フリッパー)も使い地面を押しながら四足になって走ります。
ペンギンってかなり たくましい 生き物だと思いませんか?

それでは今まで応援してくださった皆さん本当にありがとうございました。
またみなさんと会える日を楽しみにしています。
ばいばーい。

リメイク第2話&第193話できました スタッフ・ひな

皆様こんにちは。背中に手をのばすと高い確率で腕をツる私です。

さて今回は前回に続きフルカラーリメイク第2話を、そしてそして今回はどうしても描きたかった話、合わせて2話分ご紹介します。

リメイクは私が一番大好きな魚「ウシエイくん」とのお話です。

また会えることを信じて描きました。

そしていつかまた髪を伸ばして針をさしたいな・・・

タイトル『大好きウシエイくん』

4コマを見返してその時の服装と髪型で描いてるのですが、この時は青のTシャツでした。髪の毛は・・・・あんまり今と変わってない。

 

そして第193話。時は1月23日 桂浜水族館にお客様がご来館されました

タイトル『1月23日 出会い』

しゅこくん可愛いよしゅこくん!!!

カウンター横から外を見てみるとおとどちゃんと戯れていました。3秒間思考停止後ハートを射抜かれました。

ななななんだあの可愛い子はぁああ!!!

ということでしゅこくんに一目惚れ致しました。

また、会いたい!そしてグッズ出たら即買おう!

四国水族館は3月20日オープン!楽しみです!!

 

第30回手づくり紙芝居コンクール  スタッフM

1月19日(日)、いの町の、町立紙の博物館で手づくり紙芝居コンクールが開催されました。同コンクールには1993年から毎年参加。連続最多記録を作り、昨年は26年の参加でした。今回は身内の不幸があったり、何となくバタバタして創作意欲を欠き、挙句の果てには締切り間近になって、夜な夜なフラフラと近くの居酒屋に飲みに行き、大酔いで前後不覚。どこかでコケて、それすら記憶になく帰宅。朝起きるとてのひらが血だらけ。何じゃこりゃーっ!というわけで仕事に出かけるとだんだん右腕が痛み出し、病院に行くとギプスで固定される始末。利き腕がこれでは切り絵を主体とした紙芝居の製作は困難ということになり、ついに断念。挫折を味わいましたが、四半世紀も続けてきたのでここらで一段落するのも良かろうということにしましたが、一般客としてコンクールを見に行きました。すると、常連で盟友といってもいい人たちが暖かく迎えてくれ、審査員の先生方も表彰式の後の講評で私のことをとり上げて称賛して下さったのです。これじゃーやめられんわーがく〜 (落胆した顔)

愛知県のことを名古屋と呼んでしまう(スタッフ・はだちゃん)

みなさんこんにちは はだちゃんです。
動物園・水族館巡りが趣味で
去年は何施設いったかな?って数えてみたらなんと27施設。
その内、新しく言った場所が17施設でした。

私は動物園や水族館に行くと滞在時間が尋常じゃないくらい長いです。
他の人と行くとペースがはやすぎて満足できなかったり、
イライラさせてしまったりするので
いつも一人で行くか、専門学校時代の親友と二人で旅行することが多いです。
その親友は今大阪で飼育係をしています。同期の友達なのですが
クラスが違っていたので授業はあまり被りませんでした。
性格はマイペースでほんわか系なのですがかなり毒舌でおもしろい。
そんな親友との一番の思い出は学校の昼休み。
時間になるといつも一緒にお昼ご飯を食べていました。
旅行に一緒に行くようになったのは専門学校の一年の夏。(5年前くらい)
それから一年に3回程、予定を合わせて親友と旅行を続けています。

このまえ大内山動物園、のんほいパークに親友とドライブがてら行ったんですが
遠かったーーー。
途中、新しい高速道路が出来ててナビが機能しなかったので
混乱した--。あと、土山SAのたぬきのイルミネーションが可愛かった!!

大内山動物園は期待以上に良かった。
所々に描かれている絵がめっちゃ上手い。
あと、舎の中がすごく工夫された作りで、勉強になる。
掲示物も詳しくかかれていて、良かった。(全部撮った)
のんほいパークはとにかく舎がとても広い。
動物たちの行動が生き生きしていてずーーーっと観察できます。
あとはペンギンのお兄さんもが気さくでイケメンだった。
オランウータンが毛布かぶってたのがかなり可愛かったのと、
飼育係のお姉さんが摘んでくれた野草をもぐもぐしてて、
会話してて?ほんわかした。

私は何でも記録する丸林さん(スタッフM)を見習って
行った園館の良かったところはノートにまとめるようにしています。
次の行き先は信州です。ではまた!

 

2190日とちょっと スタッフ・ひな

皆様こんにちは。エビとカニどちらがいいと聞かれたら迷わずキングサーモンを選ぶ私です。

突然ですが2014年2月14日 何の日かご存知ですか?

え?茶色のお菓子食べて、より愛を深める日?

・・・・・・・

その日は、実は

・・・・ほとんどメンダコくんに言われてしまいました。

実はこの日は私がここ桂浜水族館のスタッフブログに初めて4コマ漫画を投稿した日なんです。

あ!別にネタ切れしたから過去の産物漁ってフルカラー化してみようかな?とかじゃないですよ!ほんとです!

6年前の絵柄を今の絵柄に描いてみてせっかくだから色もつけてみようかという事です!

というわけで第一話フルカラーリメイク版です!

『食いしん坊ペンギン』

6年振りの原画を見て自分よりペンギンの絵柄がだいぶちがいました。

そんなこんなで始まったフルカラーなのですが、今後色々事情がかわるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

アメフラシ(豆フラシ…?)  スタッフM

先日、浜に打ち上げられる貝殻を拾いに浜歩き(ビーチコーミング)に出たところ、小指の先ほどの生き物が打ち上げられているのを発見。干からびる寸前でしたがかすかに動きます。ウミウシ?アメフラシ?とにかく持ち帰りカップに海水を入れ、そこに放り込みました。やがて元気になり、まさしくアメフラシの格好になりました。しかしあまりにも小さいため入れる所に困ったのですが、ストアのひなさんに見せると面倒を見てくれるそう。プラケースに入れてストアのレジの後ろの棚に飾ってくれました。「ゆかりちゃん(別名 ゴンザレスさつき)」という名前までもらい、海藻をモリモリ食べて成長しています。
アメフラシといえば、旧館から今の施設に移転する36年前、イルカ移動後のプールにアメフラシをたくさん入れていたところ、信じられないほど巨大化したものがゴロゴロ出てきました。すでに注水が止められ、溜め水となったプールには藻類がはびこり何メートルにものびていて、これがエサとなっていたようです。このプールはそのまま埋められてしまい、大町桂月の歌碑を設置したイベント広場が造られています。

白か黒か、、、(スタッフ・はだちゃん)

みなさんこんにちはー。はだちゃんです。
高知もちょっとずつ寒くなってきましたね。
そんな寒い日にピッタリな焼き芋が当館でも販売しているんですけど、、、知ってました??
ちゃんと石でじんわり焼いたあまーいおいも(ポッケに入れるとカイロにもなる)が釣り堀で販売してますよッ!ぜひご賞味あれ。

はい、ということで今日はちゃんとペンギンの話します。
ちょっと前にオリックスな水族館でペンギン相関図っていうのが流行ったの知ってますか??
あれのミニバージョンをちょっとやってみようかなーーと!
人工育雛で育ったペンギンって、人を明確に順位付けしてるんです。

当館では7羽の人工育雛ペンギンが暮らしています。
簡単に関係性を紹介すると、、、

くろ←♡→はだちゃん
リオ←♡→サンゴさん
ぽん←♡→タクさん(二番目がはだちゃん?セナさん?)
ハク←♡→はだちゃん(でもやっぱりパートナーのネネが一番好き)
メリー→みんな平等
トマト、プンプン→×→みんな嫌い

こんな感じです。好きな人は触っても怒らないけど、
嫌いな人はそばを通るだけで噛みついたり、、、。
私はずっとペンギンたちの傍にいるので好かれるのも当たり前なんですが
サンゴさんとタクさんはたまーーーーにそばを通るだけで好かれているのは何故だ、、、(^^)
まぁ、ペンギンたちも誰でもいいわけではないのですな。

 

 

海からやって来た食いしん坊 スタッフ・ひな

皆様こんにちは。ホットコーヒーよりアイスコーヒー派な私です。

さて今回は、お正月に当館にやってきたスイゾクをご紹介します。

 

この子との出会いはある日のお昼前、スタッフMが

「浜にコイツがうちあがってたぞ」と小さなカップを見せてくれました。

コップの中には、なんと小さなアメフラシがいたのです!

大きさは約3センチで薄い赤紫色。ピンっと立った4本の触覚。

・・・・・・・・可愛い!!!

小型の水槽に入れて、さっそく命名!

名前は『ゆかり』です。体の色がゆかりふりかけと似ていたので名付けました。

ちなみに初めは『ゴンザレス・さつき』にしようと提案したら他スタッフから却下されました・・・

スタッフMによると海藻などを食べるそうなのでワカメを一切れ水槽に入れてみました。その日は水槽の隅からほとんど動かずワカメにも反応しませんでした。

翌日

ワカメに噛み切ったような跡が??そして水槽の底には緑色のカケラ?

食べたのかな?お昼になりもう一度水槽を覗いてみると・・・

ゆかりちゃんがワカメにしがみついてかじっていました!!

スタッフMに報告すると、海藻がたくさんついているフジツボをくれました。

水槽に入れてみると

ゆかりちゃんが2分もしないうちに海藻にかぶりついてました!

たくさんついていた海藻は1日で約半分に。元気に育ってくれ!

ゆかりちゃんは現在売店マリンストアでウーパールーパーの「パーちゃん」と隣同士で過ごしています。

売店にお越しの際は是非見てみてくださいね。

 

 

スッポン日光浴大作戦  スタッフM

桂浜水族館の淡水熱帯魚コーナーの一角にニホンスッポンの水槽があります。元気いっぱいでエサの魚をパクついていますが、長く水中にいると体表にカビのようなものが発生し、ただれたようになってしまうことがしばしばあります。紫外線不足が原因の1つとされ、屋外で飼育するか、専用の照明を使用することで防止できるとのことです。そこで、手っ取り早く日光浴をさせることにしました。実は、昨年の夏にポリ容器に入れて1週間ほど外に放置して効果を得ることができたのですが、今は真冬。寒空の下に放り出すことはできません。一計を案じてみました。館内でよく日が当たり、ポカポカと暖かいところといえば、本館の屋上だろうということになりました。晴れた日は10時ぐらいから気温が上がり、昼過ぎまで日が当たっています。しかも見晴しバツグン!(関係ないか…冷や汗 (顔)

さて、スッポンはまずスポンジを使って海水で体を洗い、脱走防止用の金網をとりつけたポリ容器に収容して屋上へ。日がかげる前に元に戻します。これを天候を見て不定期的に行うという作戦です。スッポンが日光浴中は水槽に表示を出すということで、事務所のモリちゃんに頼んでPOPを作ってもらいました。シャレていますね手 (チョキ)