カリフォルニアアシカの赤ちゃん名前が決まりました!

2021年6月19日に7時間もの難産を乗り越えて
カリフォルニアアシカのメスの赤ちゃんが誕生!

9月23日、そんな彼女にステキなお名前がつきました。

コ エ ル

小さな身体で一生懸命生まれてきて、難局を乗り越え、
生きることを諦めなかった「コエル」ちゃん。
私たちは、新型コロナウイルスの蔓延により、世界中が恐怖と絶望を味わいました。
今こそ、みなが心をひとつにして、困難を乗り越える――。
私たちも新しい時代に立ち向かっていかなければなりません。
世界中の人たちの未来を照らす光となるよう名づけられました。

これから、「コエル」ちゃんをどうぞよろしくお願いいたします。
多くのみなさまに愛されますように・・・。

コツメカワウソとフンボルトペンギン搬出のおしらせ

神戸市中央区新港町の神戸ポートミュージアム内に
10月29日に新たにオープンする水族館【átoa(アトア)】へ
当館の仲間が移住(搬出)決定!

コロナ禍でのお別れとなりますが
当館での飼育は、2021年9月24日までとなります。

コツメカワウソ「お浜」
※移動トレーニングのため
お浜の当館展示は9月22日(水)が最後となります。

コツメカワウソ「げんげん」

ペンギン団地の住鳥が7羽 
「アイ・アサヒ・くもん・たけち・トマト・まきの・やなせ」

一度に多くの仲間が居なくなるのはとても寂しいですが、
神戸の新たな土地で活躍できるよう、
また神戸のみなさまに愛されるよう願っています。

átoa(アトア)は、2021年10月29日オープンの新しい都市型水族館です。
〒650-0041 兵庫県神戸市中央区新港町7番2号 神戸ポートミュージアム2F~4F
搬出個体は、4F「SKYSHORE 空辺の庭」にて飼育展示されます。

最終回 高知県内移動応援キャンペーン『ダツdeダーツ』 高知家 ~Go To Hamasui~

桂浜水族館高知県内移動キャンペーン!!
地元!高知県人限定!!
基本的なコロナ感染防止対策の徹底をしてリフレッシュしよう!

高知県下の市町村をダーツボードに見立て、
刺さった市町村に在住する方を対象に、
入館料半額でご入館いただける企画「ダツdeダーツ」を開催!

ハマスイYouTubeチャンネルで公開中です!!

該当される市町村にお住いの方は、
チケット購入時に免許証および健康保険証などを必ずご提示ください。
※ご提示がない場合は対象外となりますのでお忘れないようにm(__)m

10月31日まで
・大月町・土佐清水市・田野町のみなさまに
蒼くてひろい太平洋、青い空、
そしてたのしい水族館がある桂浜でリフレッシュはいかがですか?

当館は、コロナ感染症予防対策として
本館建物の2階ほねほねルームと1階奥の水槽の閉鎖、
マスク着用、検温、手洗いや消毒、3密の回避等のご協力をお願いしております。

また館内は定期的にスタッフによる消毒をいたしております。
※授乳室の使用は現在出来ないため授乳ケープなどをご用意ください。

9月13日(月)より営業を再開いたします。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、
まん延防止等重点措置の適用にともない
8月27日から9月12日まで臨時休館しておりましたが
9月13日より営業を再開いたします。

ご入館には、
お客様ご自身でソーシャルディスタンスを意識していただき
館内をおたのしみいただきますようお願いいたします。
なお、館内には消毒液や、ビオレ設置の手洗い場所がございますので、
手洗いと消毒のご協力とマスク着用のご協力をお願いいたします。

また、ショーなどのアトラクションは中止しており
ハマスイならではの、有料ふれあい体験
「ペンギンごはん」
「カピバラごはん」
「リクガメごはん」
「おさかなごはん」
「ヒレアシごはん」とドクターフィッシュ体験は16:00まで
「ウミガメごはん」は17:00まで開催しております。
(但し、いきものがお腹いっぱいになったら早く終了)

※団体ご予約様の場合は、
人数等によりショーを開催いたしますのでご相談ください。

フンボルトペンギンのタムタムが亡くなりました

2021年9月1日10時45分頃、
当館で飼育しておりましたフンボルトペンギンのタムタムが死亡いたしました。

6月30日に痩せや食欲・行動力の低下を確認し、投薬による治療を行っていました。
換羽期でペンギンにとって体調を壊しやすい時期でもあるので
慎重に治療や経過観察を行い、8月中頃には食欲・行動力ともに回復したのですが
8月26日に再び体調が悪化し、治療を再開。
その後、痩せが進行し食欲も低下していきました。

9月1日、早朝の巡回時や9時半の掃除時はプールサイドを歩く姿や
スタッフに顔を向ける素振りを見せてくれましたが、
10時45分給餌のためペンギン舎を訪れた際に舎内で横たわっている姿を
発見し、死亡を確認しました。

解剖の結果、臓器の変色や肥大化といった症状が見られた他、
本来あるはずの大静脈が見られず、肝臓と心臓が隣接し
接続されているという奇形であったことが判明しました。

これが直接の死因であったとは断定できないため、
詳細については現在調査を行っております。

ほぼすべての個体が換羽を終え、
体調不良を乗り越えたタムタムも新しい羽に変わりその姿で
他の個体とともに過ごしていけるだろうと思っていただけに、
この結果は悲しく残念でなりません。

タムタムの冥福を祈るとともに、
これまでタムタムを愛してくださった皆様に心よりお礼申し上げます。

なお、献花台は9月26日まで水族館出口マリンストア前にて設置しております。